WEBデザインのスクール&通信講座の比較

WEBデザインのスクール&通信講座の比較

 WEBデザインを学習する方法に、大きく2つに分類すると独学か講座を受けるかの2つがある。 もちろん、独学で身につけることができれば言うことはない。ただし、膨大な知識や技術を体系的に、かつ効率的に学びたいのであれば、スクールや通信講座の検討をしてみる価値はあるだろう。

 そこで、当サイトでは、WEBデザインを学ぶことができるスクールや講座の特徴や売りなどをまとめ、スクールや通信講座の比較検討ができるようにくわしく紹介する。ただし、当サイトでは、卒業生が多い、または母体の実績が確認できる所のみを厳選してランキング形式で紹介している。

インターネットアカデミー(通学)

 現役のプロが制作現場の話や、自分の経験談を交えながら授業をする。卒業実績もよい。Yahoo!、電通のほかにも、博報堂、NHK、TBS、ソニー、トヨタ、ぴあ、JAL、楽天などに数多くの卒業生を輩出。 Web業界だけに特化したサポート体制があり、卒業後も利用することができる。

エル・スクール(通信)

 WEBデザインを学ぶなら、デジタルハリウッド(デジハリ)の検討を外すことはできない。業界とのパイプが非常に強く、多くの卒業生がWEBデザイン業界で活躍している。コースも多岐にわたるため、あなたにあった講座を選ぶことができる。ただし、やはりネックは受講料。じっくり検討する必要がある。

デジタルハリウッド(通学・通信)

 WEBデザインを学ぶなら、デジタルハリウッド(デジハリ)の検討を外すことはできない。業界とのパイプが非常に強く、多くの卒業生がWEBデザイン業界で活躍している。コースも多岐にわたるため、あなたにあった講座を選ぶことができる。ただし、やはりネックは受講料。じっくり検討する必要がある。

KEN WEBスクール(通学)

 KEN WEBスクールの売りは、極みコースの存在。このコースはある程度の基本スキルが身についている人にお勧め。WEBデザインのソフトの使用方法といった初歩的なレベルではなく、実際の業務に即した内容。コースも多岐に渡るため、例えばFLASHだけ、という目的の方はFLASHの極みコースだけを受けることができる。

講座代をクレジットカード払いで得をする

WEBデザインの講座代は高いので、少しでもお得に受講するためにクレジットカードを利用する手もあります。代金の1%〜2%程度の還元率にしかなりませんが、クレジットカード払いに対応している講座が増えてきているので検討されてみて下さい。

WEBデザインの資格や仕事情報

WEBデザインやその他パソコン資格については、パソコンIT資格一覧を参考にされて下さい。WEBデザインのアルバイト(短期バイト)内容や体験談を読みたい方は、短期バイト&アルバイト辞典を、派遣社員として働きたい方は初めてでもわかりやすい派遣社員マニュアルをご覧ください。